草野球ルールコラム

タッチアップ

タッチアップは一試合に一回はあるくらいメジャーなプレーです。
ランナーがいて、バッターが打ったフライを、野手が捕ると同時にランナーが次の塁を目指してスタートをきる。
野球観戦してるときもよく見かけるシーンですし、攻撃側に有利なプレーの一つです。
相手が捕ればスタートしても良い・・・。

しかし、それならば、こんな頭脳プレーをしたくなります。

例えば、最終回同点で、1アウトランナー3塁。
1点入れば勝ちの場面で、バッターが打った打球はセンターフライ。
ここでセンターは、タッチアップされまいと、完全捕球をせずに、グローブを使ってボールをお手玉の要領ではじきながら内野の付近まで運び、ここで完全捕球。
3塁ランナーは、スタートできませんでした。ん?こんなプレー見たことないけど、これでいいのかな?

ダメでした。
野球のルールはおもしろい事に、あらかじめ上のような場合を想定して、このようになってます。
「ランナーがタッチアップしても良い時期は、フライを野手が触ったとき」となってます。

用語集には「ランナーがフライを捕球された直後リタッチして進塁すること」となってますが、
野球規則と照らしあわすと多少のズレがあるみたいです(^_^.)



草野球ルールコラム<戻る  次へ>一塁ベースを駆け抜けた後
草野球トレーニングルームTOP
MENU
草野球とは
草野球チームの運営
草野球の守備と打順
草野球のトレーニング
草野球ルールコラム
草野球のマナー
野球用語集
チームに欲しい!
野球用品
草野球の本
肩痛と肘痛
腰痛
運営費虎の巻
メンバー募集掲示板
草野球チームリンク
草野球総合リンク
野球用品店リンク
その他のリンク
スペシャルリンク