草野球ルールコラム

グローブを投げる行為

フェアフライの打球が外野のフェンスを越えるとホームランになります。
打った方は気持ちが良いですが、ピッチャーやキャッチャー、そして打球を追った外野手にとっては嫌な瞬間です。

この打球にグローブや帽子をなげつけて落としたらどうなるのでしょうか。
これはもちろん反則で、審判が妨害がなければ間違いなくフェンスを越えてたと判断すればホームランになります。

ホームランのフライにグローブや帽子を投げつけるケースは稀ですし、
めったに当たりません。万が一当たっても、どの道ホームランなのでいいです。
ただ、内野手などが打球を止めるために(ゴロを抜かせないためなど)、とっさに打球にグローブを投げつけてしまうことがあるかもしれません。これは危険です。

フェアの打球に守備側の野手が、グローブや帽子、スパイクなどを投げつけることは反則行為で、
もしも当たったら、打者と走者にそれぞれに3個の進塁権が与えられてしまいます。
ただし、投げつけたグローブや帽子、スパイクなどがボールに触れなかった場合はこの進塁権は適用されません。

例えば緊迫した接戦で、一死2塁の場面。
打者が打った打球は1・2塁間を抜けそうな打球。
チームのため、ピッチャーを助けるためにセカンドは必死に打球を止めにいきます。
飛びついても届きそうにない打球、セカンドの選手はグローブを投げてでも止めたくなりますが、
もしも投げたグローブに打球が当たってしまうと、3個の進塁権が与えられるので、
1点を献上して、なお一死3塁のピンチになってしまいます。
気をつけましょう(^_^.)



草野球ルールコラム<戻る  
草野球トレーニングルームTOP
MENU
草野球とは
草野球チームの運営
草野球の守備と打順
草野球のトレーニング
草野球ルールコラム
草野球のマナー
野球用語集
チームに欲しい!
野球用品
草野球の本
肩痛と肘痛
腰痛
運営費虎の巻
メンバー募集掲示板
草野球チームリンク
草野球総合リンク
野球用品店リンク
その他のリンク
スペシャルリンク