草野球のトレーニング

ランナー



ランナーになったら、どこの塁においても、スキあらば次の塁をねらうという気構えを持たなければなりませんが、その他にも各塁それぞれのランナーとしての心構え、リードの方法を紹介したいと思います。

一塁ランナー

一塁ランナーには、盗塁、ヒットエンドラン、犠牲バントによる進塁など、いろいろなサインがあると思いますが、最も大きな役目は、ピッチャーの注意を自分の方へ向け、バッターに対する集中心をなくさせてしまうことではないでしょうか。
そのためにはワンウェイリードで少しでも大きなリードをとり、ピッチャーに数多くの牽制球を投げさせたいです。ピッチャーの悪送球を誘うリードを身につけると、接戦において強力な武器になります。

また、ベンチからの声ですが、ピッチャーとランナーに向かって、「それ以上早い牽制はないよー」とあおってみましょう。ピッチャーがあおられて、早い牽制球を投げようとして悪送球する場合があります(^^)
ベンチからの声も心理を考えて発するといろいろ効果があります。


二塁ランナー


一塁ランナーと違って、野手がベースについてないぶん、大きなリードがとれます。
あまり大きなリードをとりすぎて牽制球でアウトにならないように、大胆かつ慎重なリードが要求されます。

まず確認するのは外野手の守備位置です。深い守備位置ならばヒット一本でホームに帰れるし、浅い場合は三塁で止まらなければならないためです。
内野にゴロが飛んだ時の走塁ですが、基本は自分が立っている位置よりも左側に打球が飛んだら、全力で三塁に向かいます。逆に右側に飛んだ場合は外野に抜けるのを確認してからスタートを切ります。
また、アウトカウントによって、二死の場合はヒット一本で帰れるようなリードをします。

二塁ランナーのリードの基本は、三塁ベースをスムーズに回るために最初から二塁と三塁を結ぶ線上より後ろに立って、ふくらみをつけることです。こうすることによって、三塁が回りやすいことプラス、ピッチャーから見ると大きなリードをとっているように見えるため、ランナーが気になります。


三塁ランナー


三塁ランナーのリードで、まずしなければならないのは、ファールグランドに出てリードすることです。
これは、ライン上でリードをとっていた場合、打球に当たるとアウトになるためです。
次に外野へのフライです。打球が上がったらまずベースタッチの姿勢をとり、タッチアップに備えます。これは心掛けていないと、打った瞬間に飛び出してしまうからです。
浅いフライの場合はタッチアップできないのでハーフウェイの姿勢をとります。捕球したらベースに戻り、落ちたらホームに突っ込みます。

最後に内野ゴロのときのスタートの判断ですが、スタート判断の基本は、ゴロのバウンドが高いか低いかです。高ければゴー、低ければストップと心がけておけば、冷静なスタート判断ができることでしょう。
また、一点を取る戦略として、三塁ランナーは大きめにリードをとり(牽制に注意して)、バッターは思い切りボールを叩きつけるバッティングをします。ほぼ確実に一点が入ります(^^)




草野球のトレーニング<戻る 
草野球トレーニングルームTOP
MENU
草野球とは
草野球チームの運営
草野球の守備と打順
草野球のトレーニング
草野球ルールコラム
草野球のマナー
野球用語集
チームに欲しい!
野球用品
草野球の本
肩痛と肘痛
腰痛
運営費虎の巻
メンバー募集掲示板
草野球チームリンク
草野球総合リンク
野球用品店リンク
その他のリンク
スペシャルリンク