草野球のトレーニング

投手編


草野球の投手にとっては球速よりもコントロールが命。
球速もあってコントロールもあるのが理想ですが、まず
はコントロールでしょう。

ストライクが投げられる=コントロールが良いではありません。
投手のコントロールは自分の思った所へ思ったとおりのボールを投げられることです。
コントロールは努力しだいでよくなるものだと思います。

@正しいボールの握り:軽く浅く握る。
A常に同じフォームで投げる:マウンドでは軸足を置く位置を確認し、ちゃんと踏む。
Bリリースポイントを一定させる:投げ出すポイントに何か枝葉でもあるかのように思い、そこにボールを当てて放すような感じで投げる。
C腰を落して投げる:まずは腰を低く落せるような場所に軸足を置くようにする。重心が高いと、フォームが安定しないし、故障の原因にもなります。意識的に腰を落として投げることでコントロールも安定するはずです。
D投げる時にキャッチャーミットから目を離さない。


練習時は最初10mくらいの距離からキャッチャーミット目がけて投げ、思った所へ投げれるようになったら一歩後退、また一歩後退を繰り返し、少しづつ正規の距離に近づいていくという方法、古典的ですが効果があります。

また、試合中に左右のコントロールがつかない場合には、その日の傾向に合わせて投げ位置を左右にずらすといいでしょう。カーブなどは曲がり具合が体調によって異なることもあるので、この技は割と有効です。


コントロール用品    コントロール用品2


牽制

次に牽制ですが、盗塁を許す責任の80%はピッチャーの責任であるといわれてます。
素早い牽制球でランナーを刺すのはかっこいいですが、リスクが大きく確率も低いですので、ランナーを牽制するということを意識しましょう。
ちらちらランナーを見てプレートをはずしたり、セカンドランナーならショートとセカンドがベースに入ってピッチャーが見るだけで立派な牽制になります。
いつでも投げれるぞという意思をランナー見せれば良いので、実際に牽制球を投げる時は50%の力で確実に投げるのが大事です。



バッターに合わせたピッチングの組み立て(あくまで一般論です)


スタンスの広いバッター

スタンスの広い打者は、ステップする幅が少ないのが特徴です。
高めの球なら流し、低めの球なら重いきり引っ張る、ミート中心の中距離ヒッターが多いです。
攻めどころとしては、内角高めのストレートと外角低めの変化球が有効だといえます。
内角高めのストレートは流しにくく、
外角低めの変化球は引っ張りにくいからです。


バットを立てて構えるバッター、寝かせて構えるバッター

バットを立てて構えるバッターバッターは、手首が使いやすいので、低めのボールが打ちやすいです。
逆に高めのボールは振り遅れぎみになるので、高めの球が有効だといえます。
バットを寝かせて構えるバッターは、水平にバットが出しやすいので、高めのボールが打ちやすいです。
そのため、低めの球で引っ掛けさせるのが有効だといえます。


ホームプレートの近くで構えるバッター

内角に強く、外角は苦手・・・というバッターが多いです。
内角は強いため、やはり外角中心の攻めが有効だといえます。
また、外角へボールとなる変化球を投げたあと、内角へのシュートを投げると引っ掛ける可能性大といえます。




草野球のトレーニング<戻る  次へ>捕手編
草野球トレーニングルームTOP
MENU
草野球とは
草野球チームの運営
草野球の守備と打順
草野球のトレーニング
草野球ルールコラム
草野球のマナー
野球用語集
チームに欲しい!
野球用品
草野球の本
肩痛と肘痛
腰痛
運営費虎の巻
メンバー募集掲示板
草野球チームリンク
草野球総合リンク
野球用品店リンク
その他のリンク
スペシャルリンク