草野球のトレーニング

外野手(レフト・センター・ライト)


外野フライを確実に捕るには距離感をつかむのが重要です。
ノックで身につけるしかないのですが、フライが上がった瞬間、よほど前の打球でない限りはまず後ろへステップするのがいいと思います。
前の打球は思いっきりダッシュして比較的簡単に距離感がつかめ捕球できますが、後ろへの打球は足がとまってしまうと、気づいた時にはほとんど動けずに頭を越してしまうからです。

フライが上がったら打球を見ながらまず半身になる事が重要だといえます。例え最終的に定位置で捕れる打球でも二、三歩後ろから捕球することが見ていて安心ですし、すばやい送球にもつながります。


ノック以外の練習法としては、10メートルくらいの距離から自分の後方へフライを投げてもらい、半身の姿勢でボールを見る訓練をすると良いでしょう。
慣れてこれば投げた瞬間からボールの落下点を判断し、ボールから目を離し(目をきる)全力で落下点まで走って捕ると効果的です。
ゴロの処理は捕ってすぐに投げなければならないケース以外は腰をおとし膝をついてトンネルしないように捕球しましょう。早い打球でも体にぶつけるなどして、とにかく後ろにそらさない練習をしましょう。


トレーニング用品  トレーニング用品2



草野球のトレーニング<戻る  次へ>ランナー編
草野球トレーニングルームTOP
MENU
草野球とは
草野球チームの運営
草野球の守備と打順
草野球のトレーニング
草野球ルールコラム
草野球のマナー
野球用語集
チームに欲しい!
野球用品
草野球の本
肩痛と肘痛
腰痛
運営費虎の巻
メンバー募集掲示板
草野球チームリンク
草野球総合リンク
野球用品店リンク
その他のリンク
スペシャルリンク