草野球ルールコラム

塁の占有権

一つの塁に二人のランナーが立ってしまうことが稀にあります。

例えのケースとして、一死二、三塁の場面。
三塁ランナーは、内野ゴロでもホームに突っ込むつもりで、走る気マンマンです。そしてその通り、次のバッターがショートゴロを打ちました。
三塁ランナーは気持ちはもうホームに向いていますから、打った瞬間にスタートを切りました。ショートからのバックホームで、三塁ランナーは三本間の途中まで走ったところで、これはアウトだ、とあわてて∪ターン、ショートからの送球を受けたキャッチャーと三塁手にはさまれてしまいました。
ふつうなら、挟殺プレーで万事休すです。ところがラッキーなことに、キャッチャーから三塁手への送球が三塁ランナーの体に当たり、ランナーはその問に三塁に帰塁して命拾いします。

三塁ランナーがはさまれているときに、二塁ランナーはもちろん三塁に走ります。付け加えれば、打者走者もひとつでも先の塁に進んでおく。これは、ランナーがはさまれたときのセオリーです。このケースのニ塁ランナーも、三塁ランナーがアウトになるのはしょうがないが、自分が三塁まで行けばまだチャンスは残るのですから、挟殺プレーの問に三塁に進んでいました。

そして、三塁ランナーが命拾いしたときには、すでに三塁を踏んでいます。三塁に、二人のランナーがいることになる。
守備側の野手はどっちのランナーにタッチすれば良いのか迷います。

仮に、三塁ランナーに先にタッチしたとしましょう。続けて、二塁から進んできたランナーにタッチ。少なくとも、どちらか一人はアウトになるはずです。
ここでもし、先にタッチされた三塁ランナーが「ああ、僕はアウトだ」とペースを離れたら、守備側の野手はもう一度タッチしてください。これで、ダブルプレーになります。

野球規則にはこうあります。「二人の走者が一つの塁を占有することは許されない。ボールインプレーの時、二人の走者が同じ塁に触れた場合は、後位の走者は触球されればアウトになる。その塁の占有権は前位の走者にある」。
つまり、同じ塁に二人のランナーがいるこの場合なら、もともと三塁にいた「前位の走者」に、三塁にいる権利があります。

三塁ランナーの立場からいえば、自分が先にタッチされても、三塁に戻ったときにはもう二塁走者がきていても、その塁にいられるのは自分なのです。アウトになるのは、二塁走者のほう。ここで自分がアウトと早合点して、うかつに塁を離れると、もう一度タッチされて、こんどは本当にアウトになってしまいます。

よくルールを知っている選手なら、ここで戦略がとれます。
アウトではないけれど、まずは三塁ランナーにタッチし、つぎにこれは確実にアウトの元二塁ランナーにタッチ。
この時点でアウトをひとつとれるわけです。そして、もし三塁ランナーがルールにあやふやで、先にタッチされた自分がアウトだと勘違いし、塁を離れたらもう一度タッチする。
これで、本当なら残れたはずの三塁ランナーもアウトにできるという頭脳プレーです。

ツーアウトながらランナーが残るのと、一瞬にしてダブルプレーでチェンジでは、大違い。たまにプロ野球でも、同じようなケースでダフルプレーをとられることがあります。
ランナーに出て、もしひとつの塁に味方走者と重なることがあったら、「前位の走者優先」です。
そしてなによりこういうケースでは、審判は先にタッチされても三塁走者には「アウト」を宣告しないはずです。
アウトといわれるまでは塁を離れないことが無難ですね(^_^.)




草野球ルールコラム<戻る  次へ>タッチアップ

草野球トレーニングルームTOP
MENU
草野球とは
草野球チームの運営
草野球の守備と打順
草野球のトレーニング
草野球ルールコラム
草野球のマナー
野球用語集
チームに欲しい!
野球用品
草野球の本
肩痛と肘痛
腰痛
運営費虎の巻
メンバー募集掲示板
草野球チームリンク
草野球総合リンク
野球用品店リンク
その他のリンク
スペシャルリンク