草野球とは

草野球に対するイメージは人それぞれ、千差万別だと思います。

私の最初のイメージは土曜や日曜日にお気軽に野球を楽しむ、中学・高校のような勝負に対する厳しい野球の世界とは一線を画した、負けてもエラーをしても笑って、試合後はビールで乾杯って世界だと思ってました(^.^)

しかし、いざやってみると簡単には勝てない。自分自身も学生時代のように体が動かない。
そしていざヒットを打ったりいいプレーをすれば、チームメイトからハイタッチで迎えられ、ホームランなんか打ってしまうと平日の仕事もノリノリになってしまいます。

世の中にはたくさんの野球の種類があります。少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、社会人野球、プロ野球、そして草野球。これら野球は若干のルールの違いがあってもすべて野球は野球です。その中でも草野球はこれらの野球の中でもかなり特殊なものに入るのでは無いでしょうか。なんせ小学生の子供から元プロ野球選手までがいる野球ですから。

人に「野球経験ありますか?」と訪ねてみて、「ある」と答える人は一般的に少年野球、中学野球、高校野球、を経験しているという意味です。

私が野球を始めた理由は簡単なことです。父親も兄も野球が好きで小さい頃からよくキャッチボールをしたこと。小学校に入学しても周りの友達、クラスメートのほとんどが野球が好きで、4年生から野球部に入部することを決めていて(私の小学校では部活動は4年生からでした)放課後はいつも学校の近くの公園で野球遊びをしてました。
当然ながら私も野球部に入部し、小・中学校野球を経て高校野球では甲子園を目指しました。

高校の野球部では監督・コーチの管理下におかれ、野球部の寮に入り、歴代監督の考えたつらいしんどいメニューを毎日こなしてました。部独特の上下関係、野球漬けの日々を送る中、野球が好きなのか嫌いなのかわからなくなったりしましたがつらい練習は知らないうちに確実に技術を向上させてくれました。

結局大学2年まで野球部に所属しましたが、しばらく野球からは遠ざかった生活をし、社会人になってから草野球に出会い、はまってしまいました(^_^)v

私を含め、中学、高校で野球経験のある人達は、大学生や社会人になってしばらくの間野球をやることをやめてしまう人が多いです。
なぜなら、高校野球以降の野球は、一気にレベルが上がってしまい、社会人野球はもちろんのこと、大学の硬式野球部などへの入部は狭き門になっています。

野球に対する見切りの時期、つまり上には上があるが、自分の力の限界、いくら大好きな野球でも通用しなければどうしようもないし、他のやるべきことを探し出す、すべてを犠牲にする管理野球への飽きなど、高校野球を引退したあとがその見切りの時期なのでしょう。この時期野球についてかなり深く考えることが出来るのです。そして大半の人が再び野球の世界へ戻ります。それが草野球です。

いままでやってきた野球に対してやり残したことが有ったのではないか、やっていた時にはもう未練が無いと思っていても、野球に対する情熱が心に残っているのでしょう。
目標(甲子園など)がなければ野球なんてやっても意味がない!と思ってた人もふとしたきっかけで野球の世界に戻り、野球の持っている楽しさを感じてしまいます。

また、草野球とはいっても、数多くの連盟があり、そこには強さに応じたリーグ(1部、2部等)があります。気軽に始めた草野球も、やはり勝ちたいという気持ちがみんなにあり、まずはリーグ優勝しよう!というムードになってきます。そうなるともっとうまくなりたいと思うのは当然で、肉体的には衰えがあるけど、年の功?で自分と周りがよく見えるため、結構技術も向上します。
勝ち負けの厳しさを持ちつつ束縛感のない野球、楽しい野球が草野球ではないでしょうか。
草野球トレーニングルームTOP
MENU
草野球とは
草野球チームの運営
草野球の守備と打順
草野球のトレーニング
草野球ルールコラム
草野球のマナー
野球用語集
チームに欲しい!
野球用品
草野球の本
肩痛と肘痛
腰痛
運営費虎の巻
メンバー募集掲示板
草野球チームリンク
草野球総合リンク
野球用品店リンク
その他のリンク
スペシャルリンク