肩痛・肘痛





野球をする人にとって肩や肘が痛いというのはとてもつらいことです。

肩が痛くて思い切り投げれない、肩の痛みを気にして全力で投げてるつもりでも体が無意識にセーブして満足いく球が投げれない、投げたあとしばらく痛くて動けない・・など野球をする人にとってはつらいものです。

草野球では肘痛よりも肩痛をかかえる選手の方が多いです。
投手に限らず、肩痛は野手にとっても深刻な悩みの一つで、直せるなら直したいと思っているはずです。

いったい肩痛とはなんなのでしょうか。


野球によって起こる肩への故障を総称して“野球肩”と言います。
野球肩には、筋肉・靭帯の炎症、関節内の損傷、骨の損傷、変形などさまざまな病変があり、これらの病変は単独で起こる場合だけでなく、重複して起こる場合もあります。
その中でも代表的な肩痛は、@肩関節周囲の炎症 A関節内の損傷です。

@肩関節周囲の炎症
肩関節周囲炎(インピンジメント症候群)
・痛みのある部位⇒上腕骨前部
・痛みを発する動作と痛みの特徴⇒投球時に腕を引き上げた時
                       円運動をする時腕を内側に捻じった時(内旋運動)
                       肩を動かす範囲に制限がある。

棘上筋腱炎(きょくじょうきんけんえん)
・痛みのある部位⇒肩の前方、上方
・痛みを発する動作と痛みの特徴⇒肩と頭の角度が70°〜120°の位置で痛みがある

A関節内の損傷
・痛みのある部位⇒肩関節
・痛みを発する動作と痛みの特徴⇒投球動作時全体1分程度で消失する強い痛み
                       球速の低下、遠投距離の減少

専門家にも様々な意見がありますが、一般的に肩痛は投球を繰り返していくうちに、徐々に肩の痛みが出現し、痛みがひどくなってきます。

腕をあげようとすると、引っかかりやぶつかる感じがあり、痛みも出てくる。投球時は、肩の上方が引っかかる感じがする。
原因は肩甲骨が動きが悪くなっていることや腱板筋(インナーマスル)の機能不全で、肩をしっかり固定できないことが多いようです。
インナーマッスルを鍛えるにはチューブを使ったトレーニングが有効ですので参考にしてください。
インナーマッスルを鍛える事が肩痛予防、改善への一歩だと言えますが、やりすぎは悪化につながりますのでご注意下さい。

外旋運動
フェンスがあるなら、腰の高さにチューブを取りつけ、利き腕の反対側をフェンス方向に向け、体がチューブに対して平行になるように立ちます。
利き腕を90度に曲げ、肘が体から離れないように肘を固定したままチューブを外側に向けてゆっくりと引っ張る。元に戻すときもゆっくりと行う。引っ張る時は、体ごとねじらないように注意します。

内旋運動
外旋運動時と同様に、腰の高さにチューブを取り付け、今度は利き腕側をフェンス方向に向け、体がチューブに対して平行になるように立ちます。
利き腕を90度に曲げ、前腕を外側に開いた状態で構える。肘を固定したまま、内側に向けてゆっくり引っ張る。元に戻すときもゆっくりと行う。
これでインナーマッスルが鍛えられます。

エアーフリッパー   ラバーグリップボール



草野球トレーニングルームTOP
MENU
草野球とは
草野球チームの運営
草野球の守備と打順
草野球のトレーニング
草野球ルールコラム
草野球のマナー
野球用語集
チームに欲しい!
野球用品
草野球の本
肩痛と肘痛
腰痛
運営費虎の巻
メンバー募集掲示板
草野球チームリンク
草野球総合リンク
野球用品店リンク
その他のリンク
スペシャルリンク