草野球ルールコラム

インフィールドフライ

草野球でもインフィールドフライが宣告される場面が多々あると思いますが、そもそもインフィールドフライとはなんなのでしょうか。

インフィールドフライとは、守備側がフライをわざと取らず、ずるい併殺または三重殺をしようとすることを防ぐため、打者をアウトにするルールです。
インフィールドフライは、以下の条件が全て満たされる場合に、審判がインフィールドフライを宣告します。
・無死または一死
・走者一・二塁または満塁(フォースアウトになる走者が二人以上いる)
・内野手が通常の守備行為をすれば容易に捕球できる飛球(投手、捕手、外野手がこの飛球に対して守備をしたときも同様)

インフィールドフライが宣告された瞬間、打者はアウトになります。結果的に野手がフライを捕れなくてもアウトです。
ただし、野手がボールに触れずにファウルボールになった場合はアウトにならず、通常のファウルボールと同じ扱いになります。

条件が満たされていても審判がインフィールドフライを宣告しなかった (容易に捕れるとは判断しなかった、宣告を忘れた)場合は、打者はアウトにならずそのままプレイが続行されます。
フライが上がっている間、塁上の走者は塁から大きくは離れられません(ハーフウェイする)。野手がフライをわざと捕らなかった場合、各走者に進塁の義務が生じるので、二人(または三人)の走者を容易にフォースアウトにして、併殺(または三重殺)を取ることができてしまいます。
この行為を防ぐため、先に打者をアウトにすることにより、フライを捕らなかった場合の進塁義務をなくすのがこのルールの狙いです。


野球規則では、インフィールドフライが宣告されてもボールインプレイです。
つまり走者はインフィールドフライが宣告されても離塁し進塁してもよいのです。
しかし、その飛球が捕球されれば、普通のフライの場合と同様、元の塁に戻らなければならないので、アウトにされるおそれがあります。
飛球が捕らえられなかった場合はもちろん帰塁の義務はありませんし、打者が既にアウトになっているために進塁の義務もありません。先の塁に送球されてもフォースアウトにはならないので元の塁に留まってもよいし、次塁を狙ってもかまいません。
ボールを落としてボールが転々と転がっていれば、ランナーはそのスキに次の塁を狙えば良いです。
また、捕球された場合、帰塁の義務があるため、のろのろと帰塁しているとランナーまでアウトにされるおそれがあります。(稀にインフィールドフライだからランナーはアウトにならないと解釈している選手がいます)(^_^.)

バントのフライに対しては、インフィールドフライは宣告されません。ライナー性の当たりも同様です。このような打球の場合は審判がインフィールドフライを宣告して各走者に周知させる時間的な余裕が無いために条件から除かれています。こういった場合、きちんと打球を転がせなかった打者を責めるか、とっさに判断できた野手を褒めるかしましょう(^_^.)




草野球ルールコラム<戻る  次へ>塁の占有権
草野球トレーニングルームTOP
MENU
草野球とは
草野球チームの運営
草野球の守備と打順
草野球のトレーニング
草野球ルールコラム
草野球のマナー
野球用語集
チームに欲しい!
野球用品
草野球の本
肩痛と肘痛
腰痛
運営費虎の巻
メンバー募集掲示板
草野球チームリンク
草野球総合リンク
野球用品店リンク
その他のリンク
スペシャルリンク