草野球のトレーニング

内野手


一試合の全部のアウトの大半を占めるのは内野ゴロですので、キッチリ捕ってキッチリ送球するのが何よりも大切といえます。
無駄な出塁を防ぐためにもアウトにできる内野ゴロはきっちりアウトにしたいですね。

まず、捕球はゴロのバウンドのどこで捕球するかが大事です。
一番捕球しやすいのはバウンドした直後とバウンドする直前で、一番難しいのが上がってくるハーフバウンドです。

最初はゆるいノックでバウンドに合わせるステップを身に着けるのがいいでしょう。ステップがしっかりしてれば早い打球にも対応できます。バウンドを意識してたくさんのノックを受けるのが一番です。

送球はファーストが捕りやすい球を投げること。
ゴロ同様、ハーフバウンドが一番捕りにくいので、力いっぱい投げるときはワンバンで投げた方がいいかもしれません。山なりの送球は無駄ですし、高すぎる送球は捕れないので低く早い送球をこころがけましょう。


挟殺プレーの基本

鉄則1:ランナーを追い込むときは前の塁に追い込む

最悪アウトにできなくても、進塁させない。
挟殺プレーは相手側のミスで起こることが多いので、アウトにできればラッキーで、進塁させることは守備側のミスです。

例: 三塁−ホーム間で挟むとき

まず、3塁側でアウトにするのが基本です。
ホーム側の野手がボール持ったときは3塁側へダッシュで追い込む。
3塁側の野手がボールを受け取って、すぐにタッチアウトできないときは、すぐにボールをホーム側の野手に投げる。その際、ホーム側の野手はホームベース上ではなく、できるだけ3塁に近い方へ詰めておく。ホーム・3塁の中間ぐらいが良いです。


鉄則2:野手はランナーと重ならないようポジショニングする

ポイント1:ランナーに当たらないよう投げやすく、受け手側にボールが見やすいようにするために必要です。

ポイント2:追いかけるランナーに対して利き手側に少しずれると投げやすく受けやすいです。

ポイント3:受け手側も少しずれてあげる。


鉄則3:投げるタイミング(ボールを離すとき)はミーティングで決めておく

例: 投げるタイミングは受けてが判断する

受け手が「放せ!」と声を出したときに、ボールを持っている人は投げる。
受け手は「放せ!」のタイミングで少し飛び出すとタッチアウトしやすいです。

ポイント:原則偽投はしない。あまり意味がありませんし、受け手の落球につながります。


戦略:1−3塁で1塁ランナーを挟殺するとき

トリックプレーなどでよくある場面です。
攻撃側は挟殺プレーの間にホームインするのが目的です。

ポイント1:必ず1塁側へ追い込む。
ポイント2:1塁手は絶対に2塁へ追わない。背中を見せた瞬間に3塁ランナーに突っ込まれるとホームで刺すのが困難です。

逆に攻撃側は、背中を見た瞬間に突っ込むのが最もセーフになりやすいタイミングです。


一塁手

キャッチャーと同様にファーストも確実に捕球するということが大切です。
ノックの際は積極的にボールを受ける練習をするといいと思います。わざとショートバウンドや高い送球をもらったりするのもいいです。
その際はベースがあると想定したほうが効率的ですね(^_^)v

二塁手
ノックでゴロを多く捕ることが重要ですが、草野球の花形プレーの一つであるダブルプレーをとるために、ショートの定位置と二塁ベースの中間地点からボールをトスしてもらい、ベースをふんで一塁へ送球する練習をすると良いでしょう。
なかなかグランド内で練習することはできないので、距離を想定しての送球練習をするといいと思います。

三塁手
右バッターが思い切り引っ張った強い打球が飛んでくるので、打球を捕るというよりも打球にぶつかっていく感じの守備練習がいいと思います。
ノックでは強い打球を要求してとにかく後ろに抜かさないことを意識しましょう。逆にボテボテのゴロも多いので素手で捕って投げる練習も効果的です。

遊撃手
ショートのステップは人によって違いがあると思いますが、基本はクロスステップです。
右にスタートするときは右足を軸にして左足からスタートを切る。左にスタートするときは右足でスタートを切ります。
守備範囲が広いことが要求されるため、このステップだといきなり加速がつくためです。ノックでは左右への打球を要求して自分のステップを身につけると良いと思います。


トレーニング用品  トレーニング用品2



草野球のトレーニング<戻る  次へ>外野手編
草野球トレーニングルームTOP
MENU
草野球とは
草野球チームの運営
草野球の守備と打順
草野球のトレーニング
草野球ルールコラム
草野球のマナー
野球用語集
チームに欲しい!
野球用品
草野球の本
肩痛と肘痛
腰痛
運営費虎の巻
メンバー募集掲示板
草野球チームリンク
草野球総合リンク
野球用品店リンク
その他のリンク
スペシャルリンク