草野球ルールコラム

故意落球

前回、インフィールドフライについて書きましたが、今回は故意落球です。
故意落球とは、
・無死または一死
・走者一塁、一・二塁、一・三塁または満塁のとき
・内野手がフェアの飛球またはライナーを故意に落とした場合
「故意落球」で打者がアウトになります。
インフィールドフライと違う所は一・三塁が含まれています。

例えとしては、
一死で一塁にランナーがいる場面。
打者はバントしましたが、一塁手の目の前の小飛球です。
走者がほとんど一塁ベース上から動いていないのを見て、一塁手は
ボールをいったんグラブに当ててから落とし、すぐ拾って二塁ベースに入った遊撃手へ送球し、さらにボールは一塁ベースをカバーした二塁手に送られ、併殺?が完成します。
しかし、グラブにボールを当てて落としたからには故意落球であり、打者はその瞬間にアウトです。

故意落球の場合はボールデッドとなって、走者の進塁は認められません。

プロ野球などでよく見かけるのは
バントの小飛球をワンバンで捕り、すぐさま二塁へ送球、そして一塁へ送球してダブルプレー成立です。
これはグラブに当てて故意に落球していないため、とっさの判断のファインプレーです。

故意落球はボールデッドになるため、守備側にも攻撃側にもメリットがありません(^_^.)



草野球ルールコラム<戻る  次へ>ネクストバッタースサークル
草野球トレーニングルームTOP
MENU
草野球とは
草野球チームの運営
草野球の守備と打順
草野球のトレーニング
草野球ルールコラム
草野球のマナー
野球用語集
チームに欲しい!
野球用品
草野球の本
肩痛と肘痛
腰痛
運営費虎の巻
メンバー募集掲示板
草野球チームリンク
草野球総合リンク
野球用品店リンク
その他のリンク
スペシャルリンク