草野球のトレーニング

捕手編


高等なリードは経験者でなければ難しいですし、私もわかりません(T_T)/ので、まずはワンバウンド処理。

後逸は各塁にランナーがいれば無駄な進塁を許すことになります。
また、せっかく三振を取ったボールがワンバウンドになり、振り逃げなんていうケースが良くあります。草野球では多いですね(-_-;)

簡単な練習法としては、誰かが近い距離からゆるいワンバウンドを投げます。
捕手は防具をつけて行ってください。
ボールの方向へ体を寄せ、膝をついてワイルドピッチやパスボールを防ぐ練習をします。
基本的な捕り方がわかれば後逸は激減します。
また、サインを出す時に大切なのは1,3塁のランナー、ランナーコーチャーから見えない様に、そしてピッチャーにはよく見える様に出す事です。
サインは、両膝を軽く閉じて、ミットは左ヒザの前に、股間でサインを出します。相手チームによってはコーチャーがサインを盗みますので気をつけてください。


捕手お助け用品





草野球のトレーニング>戻る  次へ>内野手編


草野球トレーニングルームTOP
MENU
草野球とは
草野球チームの運営
草野球の守備と打順
草野球のトレーニング
草野球ルールコラム
草野球のマナー
野球用語集
チームに欲しい!
野球用品
草野球の本
肩痛と肘痛
腰痛
運営費虎の巻
メンバー募集掲示板
草野球チームリンク
草野球総合リンク
野球用品店リンク
その他のリンク
スペシャルリンク